読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Song-2-Song

読書感想文・メンタルヘルスについてのあれこれ等。「何者でもない」者の日々の憂い

愛について

愛は寛容なもの、 慈悲深いものは愛。 愛は妬まず、高ぶらず、驕らない。 愛は、決して滅び去ることはない。 預言の賜物なら、廃れもしよう。 異言(※シャーマンなどによる神の言葉の代弁)なら、やみもしよう。 知識なら、無用となりもしよう。 残るのは、信…

信仰は嗤う

石打人のコート持ちが宣教をし始めた。 彼らのうち幾人かは、危惧する人に屠られたが 300年弱の時を経てある国が信仰を始め、爆発的に信者が増えた。 神の名の下に聖地の再征服をするため、数千人を殺めた。 神の名を巡って争い、数万人が殺しあった。 神の…

嫌煙の風潮について

先に述べておくが、私はライトスモーカーである。 ライトと付け加えた理由は、喫煙のタイミングや場所に著しくこだわっており、常習化しているとは言えないからだ。実際、1ヶ月あたりの喫煙費は、千円にも満たない。 煙草の人体への影響が発見され啓発される…

今後の絵の練習方針

突然だけれども、自己表現の一手段として、絵を上手く描きたいと思っている。色々と練習しているものの、道具から見直したり調整をしたりする段階のようで、思うように進まないのが現状だ。 絵を生業にしている同母妹に聞いたところ、単純なモチーフやパーツ…

発見と自省…1

まずは「言い訳」からこの話を始めようと思う。 以前の記事でも少し触れたが、私は精神・物質両者において極貧の家庭に生まれた。 成人としては甚だ未熟なまま社会に出た私は、数ある先人の書を読み解く・知識人に倣うといった方法でしか「中産階級の人と同…

仮想の死

ネットゲームにまつわるアカウントや痕跡を、全て消した。強いて言うなら、このブログのアドレスに名残が残るばかりである。 思えばいろいろなことがあった。 少なくとも、楽しかったことよりも、辛い・苦しい・悩ましいことのほうが大きかった。そのうちに…

ゲームをやめてからの生活状況

MMORPGと呼ばれるジャンルのオンラインゲームを引退する…つまり一切断った上で、1人プレイを前提とするゲームにすら手を出さないこの頃。 驚くべきことに、これらゲームをやっていたときよりも日常は「忙しく」なっている。何故だろうかと考える。 私は、お…

there there

ある若者と縁が切れる。 「押し付けがましい」 「説教がましい」 「個性を否定するな」 「傷ついた」 同じことを2度言われた。 容姿にも芸術の才にも恵まれながら、心を患っている女の人。 成人に失敗した、引きこもりの彼。 価値観は十人十色であること、…

キャッチャー・イン・ザ・ライ

大人になるとき、成人としての教育を施されずにいた。 誰かと対等に渡り合うため、教養の穴を知識でふさいだ。 他人は言う。 「価値観を押し付けてくるな」 「説教がましい」 「神様を信じてるんなんて、気持ちが悪い」 価値観も近く、似たような苦しみを抱…