読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Song-2-Song

読書感想文・メンタルヘルスについてのあれこれ等。「何者でもない」者の日々の憂い

「教養としての『世界史』の読み方」本村凌二著

読書感想文…教養・自己啓発

Amazon CAPTCHA

 

 装丁・タイトルの分かりやすさと、帯で踊っていた「養老孟司氏推薦」の一言で読むことを決めた一冊。

 英国のEU離脱・トランプ氏の大統領当選などの「異変」により、ここのところ史学ブームが来ているように思える。少々おかたい本を取りそろえるお店では、村上氏の新作長編小説を圧倒する勢いで史学書や地政学書、というかそれらの入門書の類がずらりと並んでいる。

 養老氏と言えば、平易な解剖学や脳科学の書、ひと昔前は「バカの壁」というヒット作で社会現象も起こした御仁だ。自分が氏を敬愛する理由は、知識の豊かさや著作の読みやすさなどではなく、大衆が求めているものを徹頭徹尾見て見ぬふりをして自由に語る姿勢にあるのだと思う。

 そんな養老氏がめずらしく教養本などを薦めているものだから、読むしかなかった。

 

 ざっくりとした解説をすると、これまで読んできたユヴァル氏やマクニール氏の史書を、日本人視点で安易に・読みやすい行間で書き取った印象のある一冊だった。なおかつ、国内の教科書ではほとんど解説されていない重要な出来事などを網羅しつつ、

 「歴史を学ぶ理由」について迫っていく。

 

 本村氏はローマ史を得意とする研究者で、本著作を含め、ローマ建国・衰退史を軸とした叙述をする。西洋の世界観というのは、ローマ盛衰史とギリシアの再発見にあると世界中が認めている今、氏の語り口は貴重なものだろう。

 あわせて言えば、民族移動や宗教・哲学などの勃興について、日本人向けに平易に述べられる日本人研究者というのは極めて少ない。ワールドベストセラーと言われている史書を読んでみても、いまいちピンとこないまま内容を忘れてしまう読者も少なくないのではないだろうか。

 そういったことを念頭に置くと、この本は「有名な世界史書を読む前に、まず読むべき一冊」と思える。

 

 

 この先は極めて偏った私見となる。

 本村氏は私のような――以下のような意地悪な物言いをしなかった。

 

 「神という高次概念が民族結束を促している西洋世界の問いに、日本人の倫理観を『武士道』というなんともそれらしい言葉で虚飾して説明した」こと。

 これに、今日の見通しの暗さの元凶が眠っているように思える。

 

 武士道は確かに大絶賛された。いわゆるクールジャパンとやらの、先駆けとなったフレーズかもしれない。しかし所詮は詭弁で、日本人だって「誰かが決めた律法」に従順に生きているだけだし、ただ少しローマ人的真面目さが備わっていただけに過ぎない。我々を縛るルールを、西洋では明確に「だれそれ」「神」と言っているだけまだマシだ。我が国では昨今色々な不祥事が起こる。今まさに真面目さが損なわれつつあるけれども、そうなったら我々はどんな生き物になるのだろうか。

 結局のところ自分たちは、牧者そっちのけで群れの先頭についていくことを美徳とする、ただの羊の群れではないだろうか。群れには実はいろいろなカラーリングがあるのに、白のなかにグレーが混じっているだけでヒステリックに攻撃して追い出す。

 「誰が律法を決めているか分からない」からこそ、

 「違う律法で動いているかもしれない人」に過敏になってしまうのだ。

 それが日本人的イジメの構造であろう。

 

 併せて言えば、われわれにはどうも鉄血宰相ビスマルク氏の史学観が正確に伝わっていないように思える。いや、理解していたとしても、他者をあざ笑い蹴落とすことを目的として行動しているのではないだろうか。

 本書では原文と正確な翻訳が載っているので、是非読んでほしいと思う。

 

 以上、本書の紹介と感想、私見について。

 おわり。