読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Song-2-Song

読書感想文・メンタルヘルスについてのあれこれ等。「何者でもない」者の日々の憂い

抑鬱状態

顎下、うなじに玉のような汗が流れる。

体の末端がジメジメとする。

襟足からつむじにかけて、鼓動と同じリズムでズキズキとする。


何も考えられなくなる。

1メートルが100メートルに感じる。

それでも理性が、食べたくもないものを口に運び、ToDoリストを消化するよう手に命じる。


声のコントロールが出来ない。

音が頭の周りでお百度詣りをしている。



今日も何も出来なかった。

今日も無為に寿命を使った。

泣くことも怒ることもない。


「仕方がない」

その言葉から逃れられない。

死ぬことは考えない。

多分、考えたとき、すでに死んでいる。 


それが私の生活。